横浜のゆるキャラと着ぐるみのバイト

横浜のゆるキャラと着ぐるみのバイト


現在、横浜ではたくさんのゆるキャラたちが様々な場所で活躍しています。

18区役所で活躍する磯子まつりのマスコット「いそっぴ」は、区内各所で開催される「磯子まつり」をつなぎ合わせるシンボルとして、誕生しました。

磯子まつりを盛り上げて、磯子のみんなが元気でハッピーになることが夢であるようです。

緑区のマスコット「ミドリン」は緑区と同じ10月生まれで緑区の森や林の中に住んでいます。

得意技は光合成であり、二酸化炭素を吸って酸素を生み出すことで、地球温暖化に貢献しています。

このように18区役所では、知られている限りでは18体ほどのキャラクターたちが活躍しています。

行政・公共施設では、およそ8体ほどのキャラクターが活躍しており、環境創造局政策調整部政策課のマスコット「大ちゃん」は水環境のキャラクターで水環境が良好に保たれるように見守っています。

企業・学校では、神奈川新聞の「カナコロ星人」や、よこはまコスモワールドの「コスモくん」など、7体ほどのキャラクターがいます。

このようなマスコットの着ぐるみを着るバイトは、募集や採用人数が少ないため、気になったらその場ですぐに応募することが大事です。